dropout!

dropout!

逃げ出したっていいじゃない

Alexey Ruban

所有欲を満たしてくれるファミリーキャンプに適したテントはどれ?あれこれ妄想した結果

に書いた、Outdoorの記事

こんにちは。
最近のアウトドアブームの影響で、万が一の災害時にも頼れるオジサンって確実に増えてるだろうな思うんですよね。 火おこし、料理、住居の確保。なんとも心強い。そんなオジサンになりたいです。
シイノキ(@info_misatopic)です。

ソロキャンプをやっていた頃のモノから数えると、我が家にも、3つのテントがあります。
なにかの賞品とかで貰ったものも含めるとあと2つ3つあるんですが、自分の意志とお金で買ったものを挙げていくと

初代テントは、Colemanのツーリングテント
この頃はバイクにも乗っていたので、コンパクトさが最優先。収納サイズは20cm×40cmくらい。なおかつ、広めの前室もありました。
もうこの形は売ってないのかな。結局、バイクでのキャンプは片手で数える程度でしたが、いまだに良い買い物だったと思ってます。

そして二代目テントのスノーピーク、アメニティドームS
奥さんもついてくるようになったので、2人が過ごせる居住性を優先。
国内メーカー最高峰のスノーピーク製品だけあって、クオリティも居住性も良いものでした。前室も広い。
子どもがひとり生まれてからも、まだまだ現役だなーなんて思っていたら2人目が誕生。

さすがに4人ともなると狭いだろうということで、三代目テントは価格とサイズ優先。
ノースイーグルのワンポールテントBIG420を購入しました。安い、大きい、デザインもそこそこイイ!ということでコスパが高く人気のテントです。ワンポールテントなので設営もしやすいですし、インナーだけ外してシェルターとしても使えちゃいます。
欠点は雨天時の出入り口からの浸水。出入りする時に必ず中がびしょびしょになります。一度、油断して開けっ放しにしていたせいで中に水たまりが出来ていたこともありました。
あとは、なんというか、所有欲が満たされるテントではなかったというか。

以前、キャンプ場で知り合ったご家族のパパ(キャプテンスタッグ使用)が
「好きで気に入ってるならメーカー(=ブランド)とか関係ないよね!」
みたいな話をしてたのに、後日SNSを見たら、ノルディスクのユドゥン(高級テント)を買ってて。

ちょいちょいちょい!おーい!!話違うやーん!
思ったんです。で、次はこう、所有欲というか、承認欲求というか。くだらない欲系が満たされるテントが欲しいなと。
そこで、ずっと妄想を続けていたのです。

ファミリーキャンパーが所有欲優先で選んだテントは一体どんなテント?

やっぱね。所有欲って大事だと思うんですよ。持つ悦びですね。
ほんとはアレが欲しいんだけど、これで我慢しておくかなぁ…ていう買い物をするくらいなら、何も買わない方が良いと思うの。
満足していないモノ&満足をしないモノを買った自分の2つのカルマを背負うことになります。これは良くない。
そこで、所有欲を満たしてくれそうなテントを、ファミリーキャンプを前提に条件を考えてみた。

広さと高さ

ファミリーキャンプなので、全員が寝転んでも余裕のある床スペースが必要です。
寝るだけじゃなく、荷物のスペースも必要です。外に出しっぱなしだと野生動物に持ってかれたり、最近だと盗難なんてのもあるそうで。
テントの◯人用表記+1〜2くらいがいいですね。
超絶雨男なので、悪天候時にも過ごせる空間もあるとベスト。
高さに関しては、177cmの自分が立てちゃえればベストだけど、高さはそれほど重視しない。

素材はポリコットン

素材は最近流行りのポリエステルとコットンの混紡生地、T/Cがいいなと。
コットンの風合いと通気性、ポリエステルの防水性が兼ね備わっていて、将来的に薪ストーブの利用も可能なやつがいいなぁなんて(テント内での使用は推奨されていません)。
前々から、ポリエステルのテカテカの質感が好きではなかったんですよね。
tent-Mark DESIGNSのムササビウイング13ft.TC“焚き火”versionを手に入れてから、これは良いなーと思ってました。

欲を言うと前室 or 土間スペースが欲しい

上にも書いた荷物のスペースなんですが、欲を言うと前室 or 土間があるのがベスト。
土汚れとか着いている荷物を置いておく場合、就寝スペースとは別にしたいです。地面にコット!みたいなスタイルでキャンプを楽しんでいる方からすると、軟弱なこと言いやがって!みたいな話なんですが。
大きく区分けして、キッチンスペース(外で可)・リビングスペース・就寝スペースの3つはきっちり区切っておきたいですよね。

候補にあがってきたいくつかのテント

で、候補にあがってきたのがコレ。

  • OGAWA ツインピルツフォーク T/C
  • tent-Mark CIRCUS 720DX
  • DOD KAMABOKO TENT2
  • coleman VILLA DEL MAR REVIVAL

せっかくなので、ひとつひとつ言及してみます。

OGAWA ツインピルツフォーク T/C

Amazon

以前から憧れのあった、OGAWAキャンパルのツインピルツ。
ツインポールテント独特の安定感のある佇まいって、なんだかお城みたいに見えませんか?フルオープンにした時の解放感も素晴らしいし、インナーをつければ2ルームテントとしても使えちゃう。
広い前室(土間)と、T/Cモデルということで生地もポリコットン。
ただ、別売りのインナーも含めると、お値段が結構なことになってしまうのが難点。これを買うなら、2又のポールも欲しい。

tent-Mark CIRCUS 720DX


Amazon

テンマクデザインから発売されているCIRCUS 720DX
ツインポールテントだと通常は別売りになってry、インナー(就寝スペース)がセットになっているというお得な商品。
注目すべきデザインは、フレームが外にあるところですね。クロスしているのが、ちょっとワイルドな雰囲気を醸し出してます。フレームが外にあるので、空間が広く使えるという利点も。
ただ、セットのインナーが4人家族だと少し手狭な印象を受けるのと、重量が26kg(ポールがスチール製)なところが気になりました。レビュー等を見ると、ポールも錆びやすいようで…。
折れなきゃサビも格好良さそうですけどね。

NORDISK(ノルディスク) アスガルド

Amazon

既にド定番で、あちこちで見かけるノルディスク。
移住民族情緒漂うベルテントのフォルムが、いつ見ても美しいです。このモデルと、三角テントのアルヘイムは、見かけると「あ、ノルディスクだ」とメーカー名で呼ばれるくらいのブランド力を持ってますね。
ただ、床・インナー・本体のセットを揃えると、当然のように10万超え。
さすがに2桁万円超えると躊躇します。海外旅行いけますからね。

DOD KAMABOKO TENT2

Amazon

ちょっと前だと、ドッペルギャンガー(以下DOD)というと、失礼ながら他の国内メーカーと比べると2ランク程下のイメージだったんですが……。
昨今の新製品のクオリティやコンセプトなどを拝見していたら、ググっとブランド力が増してきました。
これいいな!と思ったらDODだった!ってことが多いんですよね。こちらのカマボコテント2は、まさに象徴的な品で、予約殺到で簡単には買えない一品。
寝室スペースは5名、広々としたリビングスペース、しかも圧倒的に安い(定価は6万円程度)。
生地はT/Cではないですが、これまで挙げてきた中だとダントツでオススメ。ただ、個人的にはウサギのロゴに少し抵抗が…。
かわいそうな最期をとげた、昔飼ってたウサギにソックリなんですよね。ほんと、個人的なトラウマ。
画像は黒しかなかったんですが、ベージュが良いと思います。黒は夏キツそう。

coleman VILLA DEL MAR REVIVAL


Amazon

おなじみコールマンの2017秋冬限定モデル、ビラデルマーリバイバル。
1970年代に販売されていたビラデルマーというテントの復刻モデルで、フランスのマルシャルテントのようなかわいらしいデザインが特徴。
室内は6畳近くの広さがあり、天井高も240cm(住居と同じ!)。
前室はないんですが、WILD-1で見かけた時に6歳の長女の目が「かっわいー!!なにこれ!!」と、キラッキラになったので候補入り。
ただ、重量が29kgとめちゃくちゃ重い。。。

悩んだ末に、勢いで購入したテントは…

散々悩んで、柏の葉T-SITEに併設のGRAND lodge-OGAWAまでツインピルツ見に行ったりしました。
どう計算しても、一式買い換えるとなると10万超えは避けられないモノばかりで、そもそも買うの辞めるかなーと思ったりもしたんですが……。

ドン。いっちゃいました。コールマン ビラデルマーリバイバル
たまたま見たAmazonで、35%OFFで売られていたんですよ(2018/2/15現在は28%OFF)。これは安い。
さすがにでかく、届いた段ボール箱はエスパー伊藤さんが3人くらい収納出来そうな巨大なもの。配送のお兄さんから受け取った時は、「重いですよ!」と言われて覚悟を決めていたのにもかかわらず、「ンホゥォ!」と変な声が出ちゃいました。

「子ども時代の楽しい思い出が買えるなら安いもんじゃね」

35%OFFとは言え、総額8万オーバーのテント。
クリックするには覚悟が要りましたが、ちょっと考え方を変えてみたんです。

俺はテントを8万で買うんじゃない。
目をキラキラさせて興奮するほど可愛いテントで、家族でキャンプをする思い出を子どもたちに与えてやれるなら8万なんて安いもんじゃね?と。
あと、秋冬限定、売り切れ再販ナシ!という文言に背中を蹴飛ばされました。

庭で試し張りもしてみたんですが、ガイロープを張るには手狭で、満足のいく張りにならなかったので、また次の機会に試し張り&レビュー記事を書こうかと思います。
現在、自分も子ども達も「早くキャンプ行きたいね!」っていう春テンションに包まれています。

SNSでの応援をお願いします!

シイノキ最近、ちょっとお金使いすぎだなと思ってキャッシュカードを持ち歩かないようにしたんですが、Amazonも楽天もカード登録されているので100%意味ないですね。
マウスとトラックパッドを壊すしかないかなって思ってます(仕事にならない)

Latest Articles- 最新記事 -

Category- カテゴリ -